ファイナンシャルプランナー(FP)の資格の種類

ファイナンシャルプランナー(以下FP)には実は多くの資格があります。資格が作られる過程で制度が複雑になっており、普通の人には分かりづらくなっています。そこで、まず資格の種類について整理をして、そのあとどういった順序で資格を取得していけばいいか考えてみましょう。

国家資格と民間資格

FPの資格は大きく分けて、国家資格であるファイナンシャルプランニング技能検定(1~3級)(以下FP技能検定)と民間資格であるAFP、CFPがあります。全部で5種類ですね。大きな違いとしては、資格の有効期間が挙げられます。国家資格であるFP技能検定は一度取得するとその資格は一生有効です。一方で、民間資格であるAFP、CFPは2年ごとの更新が必要になります。

国家資格
  • ファイナンシャルプランニング技能検定1級
  • ファイナンシャルプランニング技能検定2級
  • ファイナンシャルプランニング技能検定3級
民間資格
  • AFP(アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー)
  • CFP(サーティファイドファイナンシャルプランナー)

FP検定は「一般社団法人金融財政事情研究会」(以下「きんざい」)と「特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会」(以下「日本FP協会」)の2つの団体が実施しています。複数の団体が1つの試験を実施することを「複数指定試験機関方式」といいます。5種類でもFP検定が1-5級までの5種類であれば分かりやすいですよね。しかし、複数の団体があることで制度が複雑になってしまっています。まず初めに、FP技能検定について見てみましょう。

FP技能検定

FP技能検定は上述した通り、実施団体が2つあります。きんざい、日本FP協会のどちらの団体で実施するFP技能検定を受検しても、取得できる資格は同じです。合格すればファイナンシャルプランニング技能士と名乗ることができます。

等級  学科・実技試験  実技試験の選択科目  実施団体
 1級 学科  選択なし  きんざい
実技  資産相談業務  きんざい
 資産設計提案業務  日本FP協会
 2級 学科 選択なし きんざい、日本FP協会
実技 個人資産相談業務  きんざい
中小事業主資産相談業務
生保顧客資産相談業務
損保顧客資産相談業務
資産設計提案業務 日本FP協会
3級 学科 選択なし きんざい、日本FP協会
実技 個人資産相談業務 きんざい
保険顧客資産相談業務
資産設計提案業務 日本FP協会

非常に複雑になっていますので、1つずつ見ていきましょう。

FP技能検定3級

まず、FP技能検定は1級から3級まであり、難易度としては1級が最も難しく、3級が最も易しいものになります。難易度については、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格取得の難易度はどのくらい?に詳しく説明してますので、そちらもご覧ください。

 

試験は学科試験と実技試験に分かれています。学科試験はきんざい、日本FP協会どちらで試験を受けても同じ試験です。一方で、実技試験の方はきんざいで個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務、日本FP協会で資産設計提案業務があります。受験者数の割合は毎年変動するものの、おおよそ下の表になります。

実技試験 受験者割合 実施団体
個人資産相談業務 45% きんざい
保険顧客資産相談業務 35%
資産設計提案業務 20% 日本FP協会

これを見ると、およそ80%の人がきんざいで受験し、20%の人が日本FP協会で受験していることが分かります。また別の見方をすると65%の人が個人の資産についての業務で受験し、35%の人が保険に重点を置いた業務で受験していることが分かります。結局どれを選ぶかですが、重要なのは自分が何を学びたいかという観点から選択科目を決めることだと思います。

個人資産相談業務 保険顧客資産相談業務 資産設計提案業務
ライフプランニングと資金計画
リスク管理 ×
金融資産運用 ×
タックスプランニング
不動産 ×
相続・事業承継

上の表は科目ごとの試験範囲です。これを見ると、保険顧客資産相談業務は金融資産運用と不動産が試験の範囲外となっており、名前の通り保険に関する問題が重点的に出されるであろうことが分かります。ですので、保険を仕事で扱う人、将来扱いたい人は保険顧客資産相談業務を選ぶといいでしょう。

個人資産相談業務(きんざい)と資産設計提案業務(日本FP協会)の試験内容は、個人資産相談業務の試験内容にリスク管理がない以外は同じです。総合的に知識を習得したい方は、資産設計提案業務を選ぶといいでしょう。試験の特徴としては、個人資産相談業務は15問(大問5題)、資産設計提案業務が20問です。問題数の多い少ないは合否には特に関係はありません。

問題の傾向

個人資産相談業務は問題数は少ないものの、難しい計算問題が出題されることがあったり、過去問題で出題されたことのない細かい論点が問わます。そのため、資産設計提案業務と比べて問題のレベルは高めの傾向があります。ただし、それは必ずしも合否には影響しないことは、注意しておきましょう。なぜなら、問題のレベルが高い場合、低い場合いずれのケースにおいても、その条件は自分以外の受験者にとっても同じだからです。

資産設計提案業務の方は過去問題で出された問題が出題されることが多いです。過去問題をきちんと2~3回解いたことがある方には素直な分かりやすい問題が多いと思います。

受験地

受験地も人によっては重要だと思います。受験地という観点で言うと、受験会場はきんざいの方が、日本FP協会よりも多いです。詳しい場所はこちらをご覧ください。

きんざいの受験会場

日本FP協会の受験会場

FP技能検定3級取得後のプラン

FP技能検定3級を取得した後もさらにステップアップしたい方は、そうした観点からも科目を選ぶといいでしょう。具体的には、AFP(さらにはCFP)を取得しようと考えている方は、AFPは日本FP協会しか扱っていませんので資産設計提案業務を選んでもいいでしょう。逆に、AFP(CFP)の取得は考えていないけれど、FP技能検定1級まで取得されたい方は、FP技能検定1級はきんざいしか扱っていませんので個人資産相談業務を選ぶといいでしょう。

FP技能検定2級

FP技能検定3級と同じく、試験は学科試験と実技試験に分かれています。また、学科試験はきんざい、日本FP協会どちらで試験を受けても同じ試験です。実技試験は5種類あり、受験者数の割合は毎年変動するものの、おおよそ下の表になります。

実技試験 受験者割合 実施団体
個人資産相談業務 43% きんざい
生保顧客資産相談業務 28%
損保顧客資産相談業務 1%
中小事業主資産相談業務 4%
資産設計提案業務 24% 日本FP協会

選択科目の選び方としては、FP技能検定の3級の時と同じでいいでしょう。

生保顧客資産相談業務は生命保険を仕事で扱う人、将来扱いたい人は保険顧客資産相談業務を選ぶといいでしょう。損保顧客資産相談業務は損害保険を仕事で扱う人、将来扱いたい人が選ぶといいでしょう。また、中小事業主資産相談業務もその名の通り、中小企業事業主が主要顧客となる方はそちらを選ぶといいでしょう。ただし、損保顧客資産相談業務、中小企業主資産相談業務のどちらも受験者割合が低いことから、参考書が他の科目と比べて少なく試験対策が難しいので注意が必要です。個人資産相談業務と資産設計提案業務はFP技能検定3級と同じ要領で選ぶとよいでしょう。再度、表にしてまとめましたので参考にしてください。

個人資産相談業務(きんざい) 資産設計提案業務(日本FP協会)
試験範囲 リスク管理以外5分野全て 6分野全て
問題数 少ない 多い
受験会場 多い 少ない
上位資格 FP技能検定1級 AFP、CFP

FP技能検定1級

FP技能検定1級を取得する際には、主に2つの方法があります。

  1. FP技能検定2級を取得⇒AFPを取得⇒CFPを取得⇒FP技能検定1級実技試験合格⇒FP技能検定1級取得
  2. FP技能検定2級を取得⇒FP技能検定1級学科試験合格⇒FP技能検定1級実技試験合格⇒FP技能検定1級取得

1.はCFPとFP技能検定1級がダブルで取得できるメリットがあります。一方、デメリットとしてAFPやCFPを取得する際にお金がかかります。FP技能検定1級だけ取りたい人は、2.の方法を選択するといいでしょう。

2.はまずFP技能検定1級学科試験はきんざいでのみ行われます。一方で、実技試験はきんざい、日本FP協会どちらも行っています。それぞれの違いは下の表になります。

 

きんざい 日本FP協会
受験会場 少ない 多い
出題方法 面接(口頭試問方式) 筆記
受験費用 25,000円 20,000円
受験可能回数 年2回 年1回
合格率 80%前後 90%前後
試験内容 不動産の有効活用、相続・事業承継対策 6分野すべて

FP1級の実技試験の特徴は下の表の通りです。FP技能検定3級、2級ではきんざいの方が日本FP協会よりも受験会場は多かったですが、1級では逆にきんざいの方が日本FP協会よりも受験会場が少なくなっていますので、受験会場を優先される方は注意が必要です。本稿執筆段階では、東京・岡山・大阪・名古屋・福岡で開催されており、その場所以外にお住まいの方は、新幹線や飛行機で行く必要が出てくるでしょう。

きんざいの受験会場が少ないことの一番の理由は問題の出題方法にあります。FP技能検定3級や2級、1級学科試験のような筆記とは違い、実技試験は面接(口頭試問)での問題となっています。試験を実施する立場からすると、試験監督が多ければ多いほど合否の判定の仕方があいまい、まばらになってしまうため、ある程度人数を絞る必要があります。また、そもそも試験監督を多く確保することも大変です。そうしたことから、きんざいの受験会場の数は限りがあるのです。

一方で、日本FP協会の方は筆記となっているため試験監督確保等の制限はなく、受験会場はきんざいと比べると多くなっています。

受験費用は日本FP協会の方がきんざいよりも5,000円安くなっています。

合格率はいずれも高く80%前後です。学科試験の方が実技試験よりも圧倒的に難しくなっているため、そういった点では面接が苦手な方は日本FP協会、そうでもない方はきんざいを選ぶといいでしょう。

 

まとめ

FPの資格は5種類ありました。何をどう資格を取得するかは目的によって選ぶといいでしょう。さまざまな条件から総合的に判断すると、FP技能検定3級、2級はきんざいの個人資産相談業務もしくは日本FP協会の資産設計提案業務が良いと思います。FP技能検定1級は、AFP、CFPも合わせて取得されたい方はCFPを取得してから取るといいでしょう。AFP、CFPを取得される予定のない方はきんざいで学科試験を受け、日本FP協会で実技試験を受験すると合格しやすいと言えると思います。