FPの資格を取るメリットとデメリット

皆さんが生活を送る上で欠かせない存在であるお金。現代社会で生きるためにはお金が必要で、毎日家計のやりくりをしながら生活を送っていると思います。そして、お金をやりくりする上で、人によって程度の差はあれど資金計画を立てて、家計を管理しています。家計をうまく管理して、手元のお金を増やし、お金とうまく付き合っていくには知識が必要です。最近話題の資格であるFPはまさに、そんなニーズを満たす資格なのです。
この記事では、初めにFPとはどんな資格なのか、取得したら何ができるのかというテーマに沿ってFPという資格について説明をした後に、メインテーマであるFPの資格を取るメリットとデメリットについて説明していきたいと思います。

FPはどんな資格なの?

FPとは一言で言えば「お金についての専門家」です。特に家計について強いことから、家計のホームドクターと呼ばれることもあります。広くお金についての相談を受けますが、そのメインとなるのが、専門知識を使って依頼者に寄り添ってその資金計画上の目標が叶うように資金計画を立て、それを実行していき、定期的にプランを確認・修正をしていきながら依頼者の目標を叶える職業です。FPの資格はFPの実力を測る一つの指標であるとともに、ちゃんと勉強をした専門家の証でもあります。FPの資格には国家資格と民間資格の2種類があり国家資格はFP技能士の三級から一級まで、民間資格はAFPとCFPの2つがあります。以下にそれぞれ紹介していきたいと思います。

FP技能士三級

こちらはFP資格の登竜門とされている資格です。FPを取得しようと考えるのならば、初めはこの三級からの受験になります。学科試験と実技試験とがあり、しっかり勉強すれば合格と同時に生きていく上で困らない程度の家計についての知識がつきます。家計から保険、不動産、税制、相続、金融資産運用というお金についての基礎的な知識を広く問われます。

FP技能士二級

二級は企業内FPとして、実務を行ったり独立をして相談にのり、レポートを発行するのに必要な知識を問うため、三級よりも深く理解をしている必要があります。資格の難易度も三級よりずっと上がります。FPを仕事にしたい人は二級まで取得する必要があります。民間資格のAFPは二級相当の実力とされています。三級との大きな違いは2次試験にて個人資産相談業務の他に、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務から1つを選んで回答することができるようになったところです。

FP技能士一級

一級はお金に関するエキスパートです。試験の難易度も二級とは比べ物にならないくらい難しいものになってます。個人事務所を開くのであれば、一級を持っていると安心です。CFPは一級相当の実力とされています。特にCFPは国際的にも実力を高く評価されている資格です。

 

FP資格を取るメリットとデメリット

ここまでで、FPとFP資格について簡単に説明をしていきました。ではFP資格を取得することにはどのようなメリットがあるのか、またデメリットは何か説明していきます。

メリット(1)資産形成に役立つ

FPの資格をとるメリットとしてまず思い浮かぶことが、家計についての知識が深まるので、より効率的に家計を回すことができ、資産の形成がしやすくなることだと考えられます。

メリット(2)未来を見据えた生活設計ができるようになる

また、生きていく上で欠かすことのできない社会保険や年金についての知識を包括的に学ぶことができるので、未来を見据えた生活設計ができるようになります。お金との付き合い方が上手だと、より豊かに人生を生きることができるようになります。

メリット(3)人生の巨額な出費に対して計画的に準備することができる

また、教育資金や住宅取得資金、さらには老後資金など、人生の中での巨額な出費に対する準備を計画的に行うことができるので、計画を立てずにいるより気持ちに余裕が生まれます。

メリット(4)仕事に直接的、間接的に役立ち、スキルアップにつながる

また、FP資格を取得することはスキルアップにもつながり、企業内で講師をするなど資格を仕事に生かすこともできます。

メリット(5)将来的には独立も視野に入れることができる

また、独立も狙える資格であり、特にCFPは国際的にその実力が認められているので、グローバルに活躍したい方はぜひ狙ってみましょう。
ここまでで、メリットについて説明していきました。

デメリット(1)日本ではFPの知名度があまり高くない

ではデメリットとしてはどのようなことが挙げられるのでしょうか?検討していきましょう。実はデメリットはあまり多くはないのですが、あえて挙げるとするならば、日本国内においては、諸外国に比べて知名度がまだあまりないという点が挙げられます。デメリットはFPを仕事とする際にみられます。まだ市場が小さく未熟なので、受け身の姿勢では仕事に結びつきません。しかし、裏を返せば、市場が未熟ということは日本に残された残り少ない未開拓分野(フロンティア)であると言えます。自ら未開拓分野(フロンティア)を切り開く血湧き肉躍るような体験ができる数少ない市場であると言えます。

 

まとめ

この記事ではFPとはどんな資格か、どんなことができるのかから始まり、FP資格を取得するメリットとデメリットについて、現役FPの立場から説明していきました。FP資格を取得することには多くのメリットがあり、学んだことがすぐに暮らしの中に生きることが最大の魅力です。是非FP資格を勉強して見てください。あなたの知識に彩られ、暮らしはさらに豊かになることでしょう。