FP試験に向けてオススメの勉強法

取得をすると何かと役に立つFP資格ですが、取得のためには試験勉強をする必要があります。しかし「試験勉強が久しぶりでどのように勉強すればいいのか分からない」「あまり勉強に時間を割くことのできない」という不安はありませんか?FP試験を突破するためには広範な知識を有している必要があるので、必然的に習得すべき知識量は多くなります。

ですから、いかに効率よく学習を進めるかということが試験勉強に際して重要になってきます。ではどのように勉強すれば良いのでしょうか?

この記事では元塾講師のFPである筆者が、自身の受験や受験指導を通して培ってきた経験を振り返って、効率的な試験勉強の方法を解説します。その後に解説した勉強方法を踏まえて、FP試験を突破するためにはどのように勉強したらいいのかを解説します。

 

試験範囲表から学習計画を立てよう

試験勉強をするにあたって、はじめにやってもらいたいのが学習計画を立てることです。そのためには試験範囲を把握する必要があります。読者の皆さんの学生の頃を思い出していただきたいのですが、中学・高校の中間テストや期末テストを受けた際に、事前に先生から範囲表を配布されていたと思います。その範囲表にあたるものを自身で作成するか、過去問に掲載されている分析データを参照しながら覚えましょう。

学習計画を実際に立てる際には、範囲表と単元ごとの理解度の2つの資料を用意します。単元ごとの理解度は学習の進捗具合に応じて変化するものですから、理解度に応じて定期的に学習計画の見直しをしましょう。

 

体系を意識しよう

次に目を通したいものはテキストや過去問の目次です。学習に効率を求めるのであれば、目次は大きな役割を果たすことになります。資格試験のような技能を習得するために体系化された知識を習得する時は体系を意識することが大切です。知識同士がどのように結びついているのか。あるいは知識の全体像を把握したり、理解度チェックのために目次を有効に活用します。目次からその単元の概要を説明することができれば、その単元について理解していると言って差し支えないです。

勉強する時のイメージとしては大枠から勉強していって、大枠を把握できたら細部の学習に進むということです。最初のうちは、細部がわからなくても割り切って進みましょう。知識の全体像を把握した後で細部を学習すると理解がしやすいです。大枠を把握する段階で細部まで理解しようとすると理解度にムラができてしまい試験の際に不利になるだけでなく習得する速さも遅くなってしまいます

 

時間割を作ろう

さて実際に机に向かって勉強するのですが、人間の集中力には限界があります。休憩なしで長時間机に向かっていると勉強をしたという実感はありますが、学習効率はあまりよくありません。休憩を挟みながら勉強をすることが大切です。

筆者がすすめるのが50分集中して勉強をして10分休憩をするというのを1コマとして、1日に2ー3コマ行うというペースです。休憩時間にはストレッチや自分なりの気分転換をするか、頭を使わないので、暗記ものをすると休憩できます。時間割を作成することによって「たくさん勉強をしたのあんまり理解できていない」という問題を解決することができます。また、時間を区切ることによって、より勉強に集中することができるようになります。

 

反復することの大切さ

初学者の方はまずテキストを通読することから始めます。テキスト1冊を頭から最後まで読み通してみるということです。1回目で全てを覚える必要はありません。どんなことをこれから勉強していくのか大枠を掴むことができれば大丈夫です。テキストは1回だけでなく何度も読み返すかことが大切です。回数を重ねるごとにどんどん読む速さが上がってくるので、時間もかからなくなってきます。個人差がありますが、3回程度を目安に通読をすると内容が理解できてきます。

大枠を把握することができたら細部を仕上げにかかります。通読では全体を学習してきましたが、ここでは部分ごとに学習していくことになります。科目ごとか、あるいは単元ごとに区切って勉強していきます。ここから精読と演習という段階に入ります。

精読では通読の時に飛ばした理解が難しい細部についても調べながら厳密に読み込んでいきます。そして1区切り学習し終わったら問題集を使用して、実際に問題を解いていきます。この時少しでも分からない点があったらすぐに解説を読みましょう。そしてどの知識が曖昧で問題がわからなかったのかをはっきりさせます。そしてその箇所について、テキストで復習してから再び問題に戻ります。こうして問題集の1周目は終わらせます。

問題集の2周目はテキストを見ないで解きます。その際に分からなかった問題はマークをして飛ばしましょう。解き終わった後にマークがついた問題の解説を読んで、不足している単元を書き並べます。その単元を重点的にテキストで学習してから、間違えた問題に再び挑みましょう。

 

暗記について

よく「暗記をしないで理解をしなさい」という言説を耳にしますが、これは困難なのではないかと考えます。理解をするために暗記という行程は欠かすことのできないものであるからです。しかし暗記はあまり得意ではないという方も多いのではないでしょうか。繰り返すことも重要ですが、実は暗記をするには時間が大事なのです。ではどのようにしたら記憶しやすくなるのでしょうか。

物事を記憶する上で最も重要なのは繰り返しやることですが、実はこれを食事の前や就寝前に行うことで、記憶力が向上すると言われています。食事の前、つまり適度に空腹の時人間は集中力が増加するのでものを記憶しやすくなるようです。また、記憶を定着させるのに睡眠が重要な役割を担っているのですが、その睡眠の直前に記憶をすることによって、忘れないうちに記憶の定着を測ることができるので有効です。

高校や大学受験を経験された読者の方は聞いたことがあるかもしれませんが、エビングハウスの忘却曲線という話があります。これは記憶についての話で、復習をするたびに忘れる速さが遅くなっていくということを視覚的に表したものです。興味のある方は参照してみてください。

 

FP試験の勉強方法

これまで一般的な試験勉強の方法について解説してまいりましたが、では具体的にFP試験ではどのように勉強をすればいいのかをお話ししていきます。FP試験を受験するにあたり必要な教材は市販の級別のテキストと問題集のセットを用意すれば十分です。2級までなら4,000円程度で揃えることができます。

FP試験は申し込みから試験までは大抵二ヶ月ほどの猶予がありますが、二ヶ月での合格を目標にして学習に取り組むと余裕を持って合格ができると思います。基本的な学習方法は上で話したように実施するといいのですが、FP試験は学科試験と実技試験がありますから、アウトプットを中心として学習をしていくと覚えやすいです。

具体的には知識をインプットする際にテキストの内容をノートに写経して、蛍光ペンでカラフルにするというような手段を取るとたいへん非効率的なので、ペンには一切手を触れずに読み込むことで知識をインプットします。そして、アウトプットの段階で初めてペンを持ちます。演習を多くこなしながら知識を整理していくと短期間で学科試験と実技試験の両方に通用する知識が身につきます。

また、実技試験対策に自分自身や身内ののライフプランニングを実際にやってみると手順を覚えやすいです。実際に練習をして、手順を叩き込んでおくとFP2級に合格した後のAFP講習にて作成する提案書が書きやすくなります。ここまでしっかり学習すると、満点に近い点数で試験を突破することができます。まず落ちることはありません。

あまりおすすめはしませんが、さらに短期間でとりあえず合格だけしたい場合には過去問を中心に学習をしていくことになります。テキストを座右に置いて、いきなり過去問を解きます。そして不明な点をテキストで確認しながら当日までひたすら過去問を解きすすめるという方法があります。

この方法は三級であれば合格する可能性は高いですが2級1級と級が上がると苦しくなってきます。傾向の変化に弱く確実性に欠けたり、知識がものにならず、次の級に挑戦するときに前の級の復習から始めないといけないという欠点があります。例えば2級に挑戦しようというときに3級の内容が身についていないとテキストや解説を読んでも、語句の意味を調べながらでないといまいち理解ができないというような状況になります。こうなってしまったら学習にたいへん手間がかかります。

基礎的事項は非常に重要で不可欠な知識ですので、基礎をしっかり固めることが理解への近道と言えます。ぬかるみに家は建たないのと同様に基礎がしっかりしていないと、より高度な内容を理解することはたいへんな苦労を要することになります。逆に基礎が盤石であれば高度な内容も一読すれば容易に理解をすることができます。基礎を疎かにしないようにしましょう。

 

まとめ

この記事ではFP試験を受験される方を対象として試験勉強の方法について解説をしました。効率よく学習するためには、目標を明確にしてから学習計画を立案し、それに沿って学習を進めていくことが必要です。学習をする際には、時間割を組んで勉強時間と休憩時間をしっかり分けることが重要です。大枠から細部に進むことが大切であり、理解度を確認するには目次を使用しましょう。FP試験は出題分野が広く、合格のためには満遍なく理解をしている必要があります。理解している分野にムラができないようにしましょう。勉強では反復が大切であり、FP試験では問題集を何度も解きましょう。実技試験と学科試験の両方を同時に対策すると、効率よく合格することができます。

3級の試験は付け焼刃の知識でも合格は可能ですが、2級を受験する場合に復習も含めると学習量が膨大になってしまい苦労するので、3級の学習を疎かにせず盤石にしましょう。基礎が固まっていれば、応用を習得するのも早いです。FP試験は継続して学習をすることができれば、ほぼ合格する試験です。計画的に学習をして一回で確実に合格を掴みましょう。