☆アルバイト・パートのメリット・デメリット☆

アルバイト・パートは、決められた時給で保険や諸手当無しで働くスタイルですが、短時間で働くことで時間の融通が効き、多くの学生や主婦がこの立場に身を置いて本業との両立をはかっています。学生は平日の授業のない時間に、また長期休暇の際には集中して稼ぐことが可能です。主婦の場合、家事に取り掛かる以外の時間を仕事に当てることで無理のない子育てとの両立がはかれます。

ランチの時間帯の集客を主な収入源にしている飲食店などでは、平日は多くの主婦層をパートに雇い、子供の行事の際お互いに調整できるように配慮したり、長期休暇の際は短期で学生アルバイトを確保したりして住み分けをはかっています。

雇用者、被雇用者の利害が一致することで、バランスのよい雇用関係を築ける点は利点として挙げられますが、一方で時給の安さは被雇用者側にとってはネックになります。正規の職員に比べて保障の充実は期待できず、収入からはさらに所得税が差し引かれ、手取り金額は微々たるもの。

社会経験が少ない学生アルバイトならまだしも、一度社会人を経験した主婦の方々がアルバイト・パートを始めてみると、かつて正社員で働いていた当時の収入を思い、少し気持ちが下がってしまうこともあるかも知れません

それなら、就職条件が有利になる資格の取得を目指して、取得後に有資格者のアルバイト・パートにチャレンジするのはいかがでしょうか?

 

☆資格取得で収入アップを目指す☆

サービス業の時給の相場は900円前後であることに比べ、有資格者の時給はある程度高いことに注目しましょう。

いくつか例を挙げてみますと、
士業と言われる弁護士、司法書士では約1,500円。税理士は約1,200円。
薬剤師に至ってはなんと3,000円以上。
しかもいつも人手不足で、求人件数には事欠きません。

ところが、上記のような職業の資格取得は、本人が早くからその分野に関わる志を決め、膨大な勉強時間を費やした上に成り立つもので、場合によってはお金を払って大学に入学し専門の知識をつける必要があり、いきなりチャレンジすることはかなり無謀と言えます。

日本には先に挙げた以外にも数多くの資格が存在し、同じ資格取得を目指すにあたって比較的敷居が低く、チャレンジしやすいものもあります。

そこで注目したいのがファイナンシャルプランナー技能資格(以下FP技能資格と記載)です。

ファイナンシャルプランナー(以下FPと記載)は、顧客の個人情報をもとにライフマネープランを作成する一方で、収集した顧客の金融データから現状を分析し、長期的な視点に基づいて適切なマネーアドバイスを行うお仕事ですが、FP技能資格は、FPがおさえておくべき知識を資格試験でテストし、基準点以上をクリアすることで与えられるものです。

特別な学校に通わなくてもその気になれば独学で資格取得に挑むことができますし、資格取得の専門学校でそれほど高額でない講座が開催されていますので、必要性を感じた場合は利用が可能です。

気になる時給の相場は約1,200円と、飲食系や一般事務に比べ時給が高い傾向にありますし、アルバイト・パート求人の件数も充実しています。しかも、専門的な知識と経験が糧になる仕事ですので、将来的には雇用先に請われて無期限の雇用形態になれる可能性もあります。

 

☆それぞれの立場で就職に優位になれる☆

学生

これから社会に出ようとしている学生は、FP技能資格を取得し、資格を活かしたアルバイトをすることで経済の仕組みに明るくなれます

どの企業も存続するにあたって世間の経済状況への関心は不可欠ですので、就職試験で先方が望むしっかりとした受け答えができる可能性が上がりますし、これまで親世代が面倒を見てくれたお金回りを改めて自分で考えるよい機会になり、力強い独立心が芽生えることでしょう。しかも、今はピンと来なくても、保険、借金、相続、税金などこれからの生活についてまわる知識を一通り学びますので、一生涯に渡って役に立つことうけあいです。

主婦

また、主婦の方が結婚・子育て後の再就職を目指す際にもFP技能資格は有利に働きます。結婚、子育てで独身時代の生活環境が激変するとで仕事を続けることは困難が多く離職した、という場合でも、子育て当初よりも生活が落ち着いて、ぼちぼち将来のことを考え始めると、やはりいくらかのお金を稼ぎ、同時に社会に参加したいという気持ちが出てきます。就職せずに専業主婦でい続けることには、社会から取り残されるという自分の中の違和感や焦りを感じる場合もあるでしょう。

ところが、子供の入学などで子育てに一段落ついたタイミングで再就職を、と考えた場合、すぐに自分が望む条件の職に就くことは実際問題として難しいものがあります。特に一旦専業主婦になった場合、ある程度家事の質は保ちたいし、いきなり周りの理解を得てフルタイムで目一杯働くことが簡単かというと決してそうではありません。

そこで、短時間のアルバイト・パートでまず仕事を再開するという選択肢が浮かんできます。FP技能資格取得で有利な条件でパート・アルバイトを始めることは、主婦の方にとっても十分なメリットがあります。

 

☆生活への関心を変えるFP技能資格☆

FP技能資格で学ぶ知識は、ライフプラン、保険、家のローン、税金についての決まり等、大体が日々の生活に直接関係する知識です。

これまでは、就職を有利にするための資格という視点でお話しをしましたが、FPの知識の習得は、社会での出来事に対する視点の変化につながります。もちろん、これから仕事を始めようとする際に必要な未知の知識の補填や、社会とつながる感覚を取り戻す助走期間として勉強に取り組むことにも大きな意味がありますが、ぜひ日常に関わるお金がどのような仕組みのもとで日々動いているのかを、興味を持って勉強してみて欲しいと思います。

そこから個々の視野が広がり、結果的に心身ともに充実した社会生活につながっていくことでしょう。